JAならけん 柿の選果

安心安全で美味しい柿は、様々な工程を経て、みなさまのお手元に届きます。

最後は人の手でひとつひとつ丁寧に...。


今回は、JAならけんの柿の選果作業をご紹介します。

~生産者さんから原料の持込~


コンテナに入れ持ち込まれた柿を選果ラインに流します。

~目視検査選別~


ひとつひとつ確認し、選別ラインに並べます。
果実と葉の間のヘタの部分にムシがいないか、果実が柔らかすぎないかなどを確認し、品質に不具合のあるものはここで取り除きます。

~光センサー選果~


糖度・形状をセンサーで確認します。
 ↓


等級(秀、優など)・階級(L、Mなど)の規格ごとに流れていきます。


ひとつひとつ緩衝材をつけながら箱詰めをします。

~出荷~


なぜ、渋柿は渋いの??

柿に含まれるタンニンという渋み成分が口の中に溶けだし、渋みを感じるからです。

渋柿を渋抜きすると、タンニンが可溶性から非可溶性に変化することによって、食べても渋みを感じなくなります。

渋柿の場合は生産者さんが持ち込んだ後、目視検査選別などの選果作業の前に、下記工程が追加されます。

~脱渋工程(渋抜き)~

コンテナごと脱渋倉庫に搬入します。

炭酸ガスを充満させ16℃で20時間、脱渋を行います。
 ↓
1日なじませます
 ↓
選果作業へ


丁寧な選果作業の後、世に送り出される柿たち。

柿の圃場で育ちみなさまに届けられるまで、愛情をたっぷり受けた美味しい旬の柿を是非おためしください!

おすすめ